直取引、業者紹介、原価見積、カラーシミュレーションすべてOne Stop!

面倒な相見積や相場は不要!原価見積で適正価格をオンラインで!

経済産業省の中小企業経営革新事業・認定事業



・お客様の建物情報に基づいてWEBアプリで原価積算見積原価(積算)見積とは?
見積とは原価を積算した金額に利益を加えた計算書のことです。従って、塗装仕様書,材料明細,工賃,経費などの原価明細をオープンできる見積書です。
をします。



・最大100仕様(外壁10X屋根10)の見積結果を表示。



・業者との出会いは3通りあります。

①お客様の見積金額で請負う業者をご紹介。

②塗装業者を一番知っている塗料販売店がご紹介。

③eペイントの理念に賛同した業者と直接交渉⇒契約。



・ご自宅のカラーシミュレーションはWEBアプリで何時でも何処でもできる。





塗装業者を探す

eペイントの理念に賛同した塗装業者が地域に最適な塗装仕様で原価積算見積アプリを提供します。
・お客様と業者様の直接取引となります。

塗料販売店は日々塗装業者と取引している中で優良塗装店がどこかを一番知っています。地域に合った塗装仕様の提案と優良塗装店のご紹介

eペイントに加入している1000社近い業者の中から地元業者を紹介するだけではなく、お客様自身が見積った見積額に近い金額で請負う業者をご紹介します。

ご利用できるサービス

ご契約された業者から提供されたIDとパスワードでご利用できます。

住宅の外壁塗替えが必要かどうかの判断とDIYでの簡単な保守方法。

eペイントのビデオ
eペイントとは?
eペイントの見積?
カラーシミュレーション?
eペイントの仕組み
 

eペイントはお客様に見積もっていただくところから始まります。勿論、見積をしないで業者紹介をすることもできますが、お客様に豊富な塗装仕様(最大100仕様)の『適正価格』を知っていただき、最適な塗装工事をしていただくことが目的です。
①『適正価格を教えます』の文言を目にすることがありますが、適正価格を計算することはそんなに難しいことではありません。 塗布量、塗装面積、使用塗料の価格で材料費が分かります。塗装面積、塗回数、日当、標準歩掛りで労務費が計算できます。細かな現場経費は一般に直接工事費(公共事業で使用=直材+直労)のパーセント(5%~10%)で計算。会社の維持費として一般管理費(事務所経費、利益、間接人件費など)が必要です。 一般管理費は会社の規模、・・・で異なりますが15%~25%を見ているようです。
eペイントにはこの原価積算を瞬時に計算するWEBアプリが組み込まれています。



様々な『適正価格?』がある中で、最も近いのは『原価積算見積金額』のことではないでしょうか?

eペイントの見積
 

お客様の建物情報に基づいて、瞬時に最大100種類の塗装仕様とその原価見積額を知ることができます。 WEB上の見積結果には外壁と屋根用にそれぞれ最大10種類の塗装仕様ごとの見積額が表示されます。 
お客様はご希望する仕様と金額を見ながら外壁と屋根の塗装仕様を決めることができます。お客様の手元には瞬時にメールで原価見積書が届きます。

【原価見積の内容】
①.建物情報と見積条件
②.お見積書と内訳明細
③.使用材料一覧
④.施工仕様書

原価積算見積の内容
『適正価格』について
 
 
(大辞林 第三版)の解説によれば、


原価・利潤などを考慮に入れて、適当と思われる価格のこと
= 「原価法」。

それ以外にも、


(a).そのときどきの値段、つまりモノの時価は、コストで決まらない価格。(希少品など)
(b).コストの積み上げだけでは、説明がつかない価格。(ブランド品など)
(c).「適正価格は市場が決める」という考え方。(市場規模が大きな商品など)
(d).利益の出る価格=適正価格」(企業の健全性、継続性)
(e).「顧客が喜んで払う価格が適正価格」、「WTP(willingness to pay)」という概念です。
などがあります。

「希少品」や「ブランド品」ではない住宅塗り替えの適正価格は、「原価法」をベースに「市場価格」を考慮して決めるのが妥当です。「原価法」をベースにしたeペイントの見積金額は『適正価格』そのものと言えます。 項目(e)の「WTP」は施工業者のお客様への対応で決まります。






外壁塗装相場について

Weblio辞書によれば、相場とは


(a ) . 市場で競争売買によって決まる商品の値段・価格
(b). 世間 一般の通念や評価。だいたい妥当とされる金額

と書かれています。

項目(a)は金融商品(金,為替など)などの投機商品が対象ですが、”塗装工事で相場”と書かれているときは項目(b)を指して使われています。ここで問題となるのは外壁と屋根に使われる塗装仕様の組合せは100種類以上になり、仕様の組合せを特定しない相場は意味がないことになります。

eペイントは「相場?」や「適正価格?」のような曖昧な価格から上述の「原価法」を採用し、塗料価格、日当、歩掛り・・などの原価要素を積算して見積結果をお客様へ提供します。



相見積について

相見積とは、業者によって出来栄えや金額が異なる場合に有効な方法です。 塗装工事は仕様、施工内容が業者によって大幅に変わることはなく、予算原価を事前に計算することもそれほど難しいことではありません。 そもそも業者(受注形態)によって見積額が大きく違うこと自体が問題ではないでしょうか? 工事品質にかかわる直接工事費は、一般の業者であればそれほどの違いは発生しないはずです。それではなぜ大きな違いが発生すること言うと、工事には直接関係のない経費が発生するかどうかにかかってきます。要因として営業経費、サービスの違いなどが挙げられます。 また、相見積の場合、何を基準に契約業者を決めるのですか? ほとんどの人が見積金額の上下を避け中を取るという選択をします。これは人間の心理として「安心」、「責任逃れ」が表れた結果で、最善の選択ではないはずです。一番安い金額が正解の場合もあります。 eペイントの見積額は(予算原価)+(現場経費)+(一般管理費)で計算され、すべてをオープンにします。

地元業者と保証書、
どちらが有効?

塗装工事で保証書をつけるようになったのは訪問販売会社が営業のツールとして利用し始めてからのようです。 地元で塗装業を営んでいる業者であればこの『保証書』がなくとも保証書以上の対応を取る業者が多く存在します。保証書を発行する業者は必ずしも安心とはいかなものです。



eペイントの誕生の背景
 

私共(ソフトピア)は1986年に塗装業向け原価積算見積及び工事管理システムの開発を目的に設立された会社です。
現在の住宅塗替え市場のプレイヤーは塗装会社、リフォーム会社、住宅メーカー、訪問販売会社,IT企業などが参入した戦国時代であります。これらの企業はそれぞれ得意分野を生かした営業をされていますが、費用の話になると、適正価格、相場、相見積など、一体何を基準に判断すればよいのか分からなくなります。 そこで、私共は、塗装工事にかかる原価を理論的に算出し(1缶いくらの塗料が何缶必要?、日当いくらの職人さんが何日かかる?、現場でかかる消耗品や副資材はいくら?)お客様に提供することが必要だと考えeペイントを開発しました。

塗装屋さん検索サイト「家の塗り替えペンキ屋ネット」
全国のネット塗装店「eペイント」
家の外装リフォームサイト「イーリフォーム」
まずは見積もり「塗装店.net」
お問い合わせ 
 
平日(月~金) AM9:00~PM5:30
土・日・祝日休