ソフトピアは全国の塗装会社、塗装店、塗料店を専門に防水業、リフォーム業者様でご利用いただけるソフトウェアやネットワークシステム、ITツールの開発運用・販売の会社です。

TEL0466-54-5656
お問い合わせ:9:00~17:30 土日祝休

Compas-7(コンパス・セブン)

機能詳細一覧

機能 機能概要 目的・効果
受注工事台帳/写真台帳 A4の用紙1枚の中に受注した工事の顧客情報、予算対実績、請求対入金、原価明細記入欄等を見やすくまとめたものです。/A4の用紙1枚に写真6枚とコメントを付記した写真台帳です。 コンピュータと手書きを組み合わせた使いやすい工事台帳/工事の詳細情報と写真を一元管理
見積書 ヒナ型、選択入力、学習機能、ワープロ入力、過去の工事のコピー、小計/合計自動計算、見積/原価/粗利の表示、現場写真の表示(最大6枚/物件)、表計算ソフト(MicrosoftEXCEL)とのデータのやり取り、印刷書式の自由設計 ・入力が簡単
・戸建なら3分で見積書を作成
・現場写真を見ながら内訳作成
・インターネットでやり取り
見積メール送信 作成した見積をダイレクトにhtml形式で見積り送信できます。 相手先のメールソフトに配信します。
eペイント見積受信送信 eペイントを通してお客様が見積ったデータを自動的に取り込むことができます。また取り込んだ見積データを加工し、再度インターネットを通してお客様に見積を発信することができます。 ・お客様の見積データを受信することにより、自動で見積明細、所要材料一覧、材料発注書、塗装仕様書の発行が行えます。
・IT社会へすばやく対応。消費者(とくに戸建住宅に住まわれている方)をターゲットとした塗装・リフォーム・改修工事の新しい受注の仕方です。詳しくはこちらをご覧下さい。
予算書作成 見積内訳書に原価(材料費、工賃、経費)を追加した、見やすい書式です。 利益確保は正確な予算から
受注確定処理 この処理をすることで以降の請求書発行、入金処理が可能になります。 未受注/受注の区別ができます。
請求書 元請別と工事別の2種類の請求書を用意、請求履歴明細、印刷書式の自由設計、請求工事の検索機能 ・工務店等の元請には複数工事をまとめて請求
・施主には工事単位で請求
入金処理 工事単位での入金、入金明細、印刷書式の自由設計、入金工事の検索機能 ・工務店等の元請毎に入金処理
・施主毎に入金処理
売掛管理/月間売掛管理 元請別と工事別の2種類の売掛管理帳票を用意 工事毎の請求対入金が一目で分かる
物件管理/アドレスタック 最大15項目の絞込み条件で工事一覧とアドレスタックシールを作成できます。工事一覧データを表計算ソフト(MicrosoftEXCEL)へコピーして様々な分析データを作成できます。 ・顧客のアフターフォロー
・営業形態にあった工事分析
・様々な資料の作成が可能
予算書作成 見積書の内訳明細を基に予算単価を策定入力していくことで、後の外部発注書作成の明細として利用します。 見積明細⇒予算明細⇒工種別外部発注明細となる合理的な処理。この発注明細は後の発注管理や実行予算データとして連動します。
外部発注書・請書(注①) 登録リストの外注業者と見積内訳からその外注範囲を指定するだけで注文書、注文請書、注文明細書が簡単にできます。 ・あいまいな外注との契約を正確に
・面倒な発注書がいとも簡単に
原価管理 原価入力 予算原価は工事段取りで。ここでは工事で実際に発生した原価(伝票)の入力を原価項目(材料、労務、外注、管理)毎に分類し、実際の伝票に沿った形で入力していくことができます。  ・原価管理を徹底し、貴社を利益のでる会社にします。
原価検索 工事台帳(明細/月別)、原価科目ごとの原価帳票、月別原価科目帳票、工事履歴書が作成できます。 ・労務費については出面給与計算の資料としても利用可能。
工事台帳/各種原価明細
工事履歴書
受注/発注/予算管理 受注管理 仮受注/本受注の管理ができます。 受注までの確率を入力することにより的確な工事受注進捗がわかります。
発注管理 外部発注書の請書受領管理ができます。 外注業者への工事発注管理が徹底できます。
実行予算書作成 取引先への請求予定、外注業者への支払予定を外注費、材料費、労務費、諸経費の原価科目毎に作成します。 作成した予算は月別に部門別、担当者別に参照することができます。
予算書管理 予算作成、予定請求、支払を集計し、月別に一覧として表示します。 月別に部門別、担当者別に印刷することも可能です。
年間実績/計画 全社/部門別/担当者別年間実績 実績原価データおよび年間計画値を評価します。 ・担当別、部門別に実績評価。
・達成率、対前年累計値等算出。
年間計画値作成
実行仕様原価見積(塗装㎡原価計算) 各塗料メーカーの塗装仕様データベースと日当、歩掛を基本に部位の作業難易度、塗装規模(注②)等を考慮して理論原価を自動計算します。 ・信頼してもられる見積単価と理論原価の作成
・塗装業の利益は理論原価から
使用材料一覧/材料発注書 見積書を作るだけで使用材料、所要量、金額の一覧表を自動作成します。さらに材料発注書として使用できます。 ・段取り八分の半分は材料
・面倒な材料計算が不要
塗装仕様書 見積書を作るだけで塗装仕様書を自動作成します。材料単価の区分を使い分けることで工程指示書、客先提出用の塗装仕様書として使用できます。 ・材料名を明記した工程指示書で客先の信頼が得られる
・工程、商品名、希釈率、塗布量の情報を現場へ

(注①)外部発注書・請書:この機能がないバージョンもあります。
(注②)作業難易度・塗装規模:ソフトウェア著作権法で、(株)ソフトピアの許可無く使用することが禁じられています。

PC版で詳しく

↑ PAGE TOP